スズメバチ写真館コマルハナバチ写真館 > コマルハナバチの生態

コマルハナバチの生態

 ミツバチ科マルハナバチ亜科に属するハチで,我が国にはマルハナバチ属 Bombus 14種が生息しています.いずれの種類も集団生活を営み,越冬した女王バチが春先に単独で営巣を開始します.巣は土中に作られることが多く,蜜ロウに花粉を混ぜ,ツボ型でブドウの房状に連なった巣を作ります.花の蜜と花粉を食物とし,昆虫などを狩ることはありません.攻撃性は極めて弱く,巣を刺激しても攻撃してくることはありません.マルハナバチの仲間では最も小型で,活動期間も最も短く,夏には営巣活動が終わってしまいます.

ビニールの間の巣から這い出てきた新女王バチと働きバチ 腹を上にして毒針をちらつかせ威嚇行動をとる新女王バチ
inserted by FC2 system